« いつまでも、アンチ ウィルス ソフトにお金を払う必要はありませんよ! | トップページ | 1世代前のThinkPad X200 / T400へ8GB メモリを実装して、快適な64 bit 環境を! »

2010年6月 1日 (火)

2世代前のThinkPad X61 / T61へ8GB メモリを実装して、快適な64 bit 環境を!

Blogの更新をほぼ半年間行っていませんでしたが、また、これから少しずつ更新していきたいと思っています。

さて、様々な製品を評価したり、お客様に訴求したりする仕事のため、仮想マシンを利用して作業を行うことが多くなりました。仮想マシンを快適に利用するためには、マルチコアのCPU、多くのメモリ、そして複数台の物理ハードディスクが必要です。

お客様先でのデモを効果的に行うために、お客様先へ持ち運べるサイズの小型PCに、多くのメモリと、多数の物理ハードディスクの実装を日夜試みています。ということで、これからしばらくは、メモリを多く実装できる、できるだけ小さなPCと、できるだけ小さな外付けハードディスクについて、連続で記載していきたいと思います。

まずは、8GBのメモリ実装についてのテスト結果を記載していきます。最初はThinkPad X61 / T61です。

最新のノートPCでは、カタログスペックでもメモリの最大容量が8GBになっていますが、古いノートPCでは、ほとんどの機種がメモリの最大容量は4GBです。しかし、インテルのIntel 965チップセット以降のPCは、メモリを8GB実装できる可能性があります。実際に、私はThinkPad X61 / T61 のメモリを8GBにして、Windows Virtual PCHyper-Vを動かしています。これらの機種のカタログスペックは4GBと記載されていますが、8GBのメモリを問題なく利用することができます。おそらく、製品出荷当時SODIMM DDR2 PC-5300 4GBのメモリが存在しなかったために、8GBのメモリの実装の可否が記載されなかったと予想できます。ちなみに、ThinkPad X61 / T61のチップセットはIntel GM965 Expressです。

では、気楽に8GBのメモリを搭載できるかというとそうでもありません。理由は価格です。4GB (2GB×2)のメモリは1万円前後で購入できますが、8GB (4GB×2)のメモリは5万円から6万円程度の価格となってしまいます。以下に、国内有名サードパーティ製品へのリンクです。

 

 

 ThinkPad X61 / T61用のメモリのスペックはSODIMM DDR2 PC2-5300ですが、上記のPC2-6400のメモリでも利用が可能です。すべての環境で8GB利用できることも、PC2-6400のメモリが利用できるということも、私が保証できるものではありませんが、少なくとも私の環境では問題なく利用できています。

 さて、価格を抑えながら8GBのメモリを実装するための選択肢はないでしょうか?実際には良い選択肢があります。それは、有名なサードパーティ製品を選択せずにノーブランドメモリを利用することです。ノーブランドメモリの課題は、永久保証がなかったり、各機種への対応表などがないといったところです。しかし、元々、8GBのメモリの利用は保証の対象外ですし、メモリは初期不良以外そうは故障しないので、ノーブランド メモリを利用することのデメリットはないのではないかと思います。

個人的に確認したわけではありませんが、以下のメモリがスペック上、ThinkPad X61 / T61で利用できるはずです。繰り返しですが、私が稼働を保証できるわけではありませんが、これは有名サードパーティ製品を利用していても同じことです。

  

上記ノーブランドメモリが問題なく稼働すれば、有名サードパーティ製品と比較して60%程度の価格で快適な8GB環境を手に入れることができます。

最後になりますが、8GBのメモリを使うためには、64 bit OSが必要になります。私はWindows 7 EnterpriseWindows Server 2008 R28GBのメモリを実装したThinkPad X61を利用しています。ちなみに、このThinkPad X61で、以下の書籍も執筆しました。

 

 

仮想環境を利用する場合だけでなく、8GBメモリは画像処理で効果を発揮しますし、今月出荷されるOffice 201064 bit版でも効果が期待できます。

次回は、ThinkPad X200 / T400を8GBにしてみます。といっても、今回と内容が大きくかわるものではありませんが。。。

  

安易にネットPCに流れずに、使い慣れたPCを拡張して延命されてはいかがでしょうか?

« いつまでも、アンチ ウィルス ソフトにお金を払う必要はありませんよ! | トップページ | 1世代前のThinkPad X200 / T400へ8GB メモリを実装して、快適な64 bit 環境を! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

仮想化」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

ThinkPad」カテゴリの記事

メモリ増設」カテゴリの記事

トラックバック

» 一世代前のMini-ITX マザーボード Intel DQ45EKで8GBメモリを使ってみました。 [Takeshi Fukuhara's Blog]
最初にも紹介したように、お客様先へ持ち運べるようなおPCで、Hyper-Vが快適に動作する環境を求めています。ノートPCで実現できればよいのですが、やはりデスクトップPCでなければ実現できないことも少なくありませんし、同じスペックであれば、ノートPCよりもデスクトップPCの方が安価に調達できます。ということで、一世代前のMini-ITXマザーボード (Atomではなく、まともに使えるLG775 ...... [続きを読む]

» DELLの名機、Latitude E4300で8GBメモリを使ってみました。 [Takeshi Fukuhara's Blog]
 前回までに、ThinkPad X61 / T61, ThinkPad X200 / T400, AOpen XC mini (MP965-D / MP45-D / GP7A-HD)へ、8GBメモリを実装した結果についてお知らせしました。これ以外に個人的に利用しているのは、DELL Latitude E4300です。(ちなみに、Latitude E4300は、1世代前のPCになり、現行バージョ ...... [続きを読む]

» AOpen社製ベアボーン XC mini シリーズ (MP965-D / MP45-D / GP7A-HD)へ8GB メモリを実装して、快適な64 bit 環境を実現したかったのだけれど・・・ [Takeshi Fukuhara's Blog]
前々回のThinkPad X61 / T61、前回のThinkPad X200 / T400に続き、今回はAOpen社製ベアボーン XC miniシリーズ (MP965-D / MP45-D / GP7A-HD)へ8GBメモリを実装する実験をしてみました。XC miniシリーズは、小型でデザインもよく、液晶やキーボードがない分、ノートPCよりも安価にハイスペックなPCを構成できるので、とても気 ...... [続きを読む]

» 1世代前のThinkPad X200 / T400へ8GB メモリを実装して、快適な64 bit 環境を! [Takeshi Fukuhara's Blog]
前回のThinkPad X61 / T61に続き、今回は、ThinkPad X200 / T400へ8GBメモリを実装してみましょう。カタログスペックでは、ThinkPad X200 / T400の最大メモリ搭載量は4GBとなっています。しかし、前回のThinkPad X61 / T61の際にも紹介したように、チップセットがIntel 965以降であれば8GBのメモリが実装できる可能性がありま ...... [続きを読む]

» 1世代前のThinkPad X200 / T400へ8GB メモリを実装して、快適な64 bit 環境を! [Takeshi Fukuhara's Blog]
前回のThinkPad X61 / T61に続き、今回は、ThinkPad X200 / T400へ8GBメモリを実装してみましょう。カタログスペックでは、ThinkPad X200 / T400の最大メモリ搭載量は4GBとなっています。しかし、前回のThinkPad X61 / T61の際にも紹介したように、チップセットがIntel 965以降であれば8GBのメモリが実装できる可能性がありま ...... [続きを読む]

« いつまでも、アンチ ウィルス ソフトにお金を払う必要はありませんよ! | トップページ | 1世代前のThinkPad X200 / T400へ8GB メモリを実装して、快適な64 bit 環境を! »