« 2010年1月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

Windows Server 2008 R2とWindows 7のHotfix一覧 (2010年6月27日現在)

久々にWindows Server 2008 R2Hotfixを検索してまとめてみました。すべて手作業で行っていますので抜け漏れもあるかと思います。しかし、何か動作が変だなと思うことがあれば、Hotfixのタイトルから、該当しそうなものがないか確認してみるのもよいでしょう。ここでは、私の整理も兼ねてお知らせします。また、ほとんどのHotfixWindows 7にも該当します。

 

今回のリストには、以前記述した「Windows 7 / Server 2008の修正プログラム (2009年11-12月分)」の内容を含んでいます。また、実際のHotfixの入手方法は、「マイクロソフトの修正プログラムの入手方法」をご参照ください。さらに、入手したHotfixを連続適用したい場合は、「Windows 7 / Server 2008 R2の修正プログラムの連続適用方法について」をご参照ください。

 

Hotfixは、Microsoft Updateで配布されているものと異なり、広範囲なテストが行われていないものがありますので、必ずしもすべてを適用することをお勧めするわけではありません。ただ、皆さんが抱えている問題に該当するものがあるのであれば、該当するHotfixを試されることをお勧めします。問題がないのであれば、2010年後半に出荷が予定されているService Pack 1を待つ方がよいでしょう。

 

最後に、このHotfixリストが、皆様のお役に立てば幸いです。

 

2010627日現在のHotfixリスト

KB番号

タイトル

925681

When you try to download a file from the Internet by using Internet Explorer, the download stops responding

951418

Stop error in Windows Vista, Windows 7, Windows Server 2008, or Windows Server 2008 R2: "0x00000050 PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA"

958685

A Windows-based portable computer does not resume correctly if you close the lid while the computer is asleep

969867

FIX: You cannot import or paste some group policies across domains by using the "Group Policy Management" MMC snap-in

970413

The Win32_Process class returns incorrect CreationDate property during the first week after daylight saving time begins or ends

971736

Changes are not committed to the SharePoint server when you use WinWord.exe to check in a document on a computer that is running Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7 or Windows Server 2008 R2

974090

An update is available that allows for a potential power saving on a multicore processor that is running an x64-based version of Windows Vista SP2 or of Windows Server 2008 SP2

974476

The computer stops responding when an USB device resumes from the USB Selective Suspend state in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2

974598

You receive a "Stop 0x0000007E" error on the first restart after you enable Hyper-V on a Windows Server 2008 R2-based computer

974672

Virtual machines stop responding (hang) during startup and the Vmms.exe process crashes on a Windows Server 2008 R2 computer that has the Hyper-V role installed

974909

The network connection of a running Hyper-V virtual machine is lost under heavy outgoing network traffic on a Windows Server 2008 R2-based computer

975332

Users and applications cannot access authorization rules that are stored in Authorization Manager

975354

A Hyper-V update rollup package is available for a computer that is running Windows Server 2008 R2

975363

A time-out error occurs when many NTLM authentication requests are sent from a computer that is running Windows Server 2008 R2 or Windows 7 in a high latency network

975496

A computer stops responding during shutdown if BitLocker is enabled on the system drive on a computer that is running Windows 7 or Windows Server 2008 R2

975499

A black rectangle appears on the secondary screen when you play some media from the Start menu on a Windows 7-based computer

975530

Stop error message on an Intel Xeon 5500 series processor-based computer that is running Windows Server 2008 R2 and that has the Hyper-V role installed: "0x00000101 - CLOCK_WATCHDOG_TIMEOUT"

975680

Virtual Disk Service (VDS) crashes when you try to extend a dynamic volume in an NTFS file system on a computer that is running Windows Vista, Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2, or Windows 7

975688

A snapshot may become corrupted when the Volume Shadow Copy Service (VSS) snapshot providers take more than 10 seconds to create it on a computer that is running Windows 7 or Windows Server 2008 R2

975777

There is a delay when you shut down, restart, or log off a computer that is running Windows 7 or Windows Server 2008 R2

975806

The video image flickers when you configure Windows Media Player 12 to display the subtitles of a DVD in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2

975921

You may be unable to perform certain disk-related operations after an exception when a hardware provider tries to create a snapshot in Windows Server 2008 R2 or in Windows 7

975992

After you enable large pages for a process in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2, the process stops responding intermittently

976099

VSS snapshot creation may fail after a LUN resynchronization on a computer that is running Windows 7 or Windows Server 2008 R2

976240

PCI devices are unexpectedly enabled after you resume a Windows Vista or Windows 7 system from hibernation

976329

Error message when you run the ChkDsk.exe utility in read-only mode on a Windows-based computer: "The Volume Bitmap is incorrect" or "Error detected in index $I30 for file 5"

976399

FIX: You cannot apply Group Policy settings on a computer that is running Windows 7 or Windows Server 2008 R2 when security group filters are used in Group Policy preference settings

976417

High CPU usage in the Explorer.exe process when you open a folder that contains corrupted .wav files in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2

976418

After you change the SATA mode of disk devices to use the AHCI specification, the computer or certain applications randomly stop responding for 60 seconds or for longer in Windows 7 and in Windows Server 2008 R2

976427

Computers that are running Windows 7 or Windows Server 2008 R2 stop responding at a black screen if a screen saver is enabled

976538

File corruption may occur if you run a program that uses a file system filter driver in Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows Vista, or Windows Server 2008

976658

The memory of the nonpaged pool may leak when you enable IPsec on a computer that is running Windows Server 2008 R2 or Windows 7

976759

WFP drivers may cause a failure to disconnect the RDP connection to a multiprocessor computer that is running Windows Vista, Windows Server 2008, windows 7 or Windows Server 2008 R2

977067

You receive a stop error after you enable the RequireinClearout mode on an IPv6 network on Windows Server 2008 R2 or in Windows 7

977158

DNS updates may be incorrectly reported as failed when you use a third-party DNS server application for DNS registration on a computer that is running Windows Server 2008 R2 or Windows 7

977178

You receive various Stop error messages in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2 when you try to resume a computer that has a large SATA hard disk

977346

The Welcome screen may be displayed for 30 seconds during the logon process after you set a solid color as the desktop background in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2

977381

The DFS Replication service may stop responding when it initializes the replication process for the replicated folders on a computer that is running Windows Server 2003 R2, Windows Server 2008, or Windows Server 2008 R2

977748

A hotfix is available to update the Daylight Saving Time for the Fiji Standard Time time zone for the year 2009 for Windows XP, Windows Server 2003, Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7 and Windows Server 2008 R2-based computers

978001

Cluster resources do not automatically fail over to another node when you disconnect the private and public network interfaces in a Windows Server 2008 failover cluster or in a Windows Server 2008 R2 failover cluster

978155

A memory leak occurs when an ADO Recordset object calls the UpdateBatch method

978330

FIX: The message-signaled interrupts (MSIs) feature is not enabled on VIA processors on a computer that is running Windows 7 or Windows Server 2008 R2

978869

Error message when you try to open a network-shared application on a client computer that is running Windows 7 or Windows Server 2008 R2: 0xc000000f

979101

The command "netsh interface ipv4 dump" does not export the subnet mask setting in Windows 7, in Windows Server 2008 R2, in Windows Server 2008, and in Windows Vista

979137

An NPS server that is running Windows Server 2008 SP2 or Windows Server 2008 R2 does not send an Access-Reject packet to an NPS client

979223

A nonpaged pool memory leak occurs when you use a WFP callout driver in Windows Vista, Windows 7, Windows Server 2008, or in Windows Server 2008 R2

979241

No event is added to the System log or to an operational channel when a print job is canceled or deleted

979278

Using two Windows Filtering Platform (WFP) drivers causes a computer to crash when the computer is running Windows Vista, Windows 7, or Windows Server 2008

979374

The system becomes unbootable after you add raw disks to a Windows Server 2008 R2-based computer that has EFI enabled

979425

A combo box item in a RemoteApp application is updated incorrectly when you connect by using Remote Desktop Connection (RDC) 7.0

979538

"Stop 0x0000007E" or "Stop 0x00000050" Stop error message in Windows 7 or Windows Server 2008 R2

979548

You cannot enter an agreement number of a volume license that contains more than seven digits in Remote Desktop Licensing Manager or in TS Licensing Manager

979612

A hotfix is available that improves TCP loopback latency and UDP latency in Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2, Windows Vista, and Windows 7

979646

Some folders or some files are unexpectedly deleted on the upstream server after you restart the DFS Replication service

979731

Some Group Policy preferences are not applied successfully on computers that are running Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7 or Windows Server 2008 R2

980711

An ACPI APIC UP HAL operating system image cannot be deployed if a Windows 7 boot image is used in the deployment process

981013

A memory leak issue occurs in the Audiodg.exe process when you play audio on a computer that is running Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows Vista or Windows Server 2008

981166

Some data is corrupted when cached and noncached I/O operations occur by using the same NTFS file handle

981208

Poor performance when you transfer many small files on a computer that is running Windows 7 or Windows Server 2008 R2

981214

There is high CPU usage when a full-speed USB 2.0 audio device is connected to a high-speed hub which is connected to the root hub on a computer that is running Windows Vista, Windows Server 2008, Windows Server 2008 R2 or Windows 7

981379

Some paths that are used to access LUNs may not be available when you use Device Specific Module for MPIO in Windows Server 2008 or in Windows Server 2008 R2

981431

A PostScript printer does not print a document that contains multiple paper sizes correctly on a computer that is running Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows Vista or Windows Server 2008

981791

"STOP: 0x0000001a" error message on a computer that has an Intel Westmere processor together with the Hyper-V role installed on Windows Server 2008 or on Windows Server 2008 R2

981836

Network connectivity for a Windows Server 2003-based Hyper-V virtual machine is lost temporarily in Windows Server 2008 R2

981889

A Windows Filtering Platform (WFP) driver hotfix rollup package is available for Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2

981983

Cluster resources do not fail over automatically to other nodes when nodes cannot connect to the rest of a network in a Windows Server 2008 R2 failover cluster

982643

"Windows cannot connect to the printer” error message when you try to add a printer that uses IPP to a client computer that is running Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, or Windows Server 2008 R2

983246

"Type Mismatch" error message when you run a VBA macro in a 64-bit version of an Office 2010 application

983385

Event ID 17 is logged in the System log on a TS Licensing server or on a RD Licensing server in Windows Server 2003 SP2, in Windows Server 2008, or in Windows Server 2008 R2

983458

You cannot save documents to a folder or change the permission settings of folders on a SMB 1.0-based remote server from a Windows-based computer that has security update 980232 (MS10-020) installed

983528

The TCP receive window autotuning feature does not work correctly in Windows Server 2008 R2 or in Windows 7

983533

The pop-up windows are hidden and the TS RemoteApp application stops responding in Windows Vista, in Windows 7, in Windows Server 2008, and in Windows Server 2008 R2

 

2010年6月 7日 (月)

Windows Server 2008 R2で使えるノートPC用ネットワークカードとeSATAカード

Windows Server 2008 R2で使える、ExpressCardGigabit NIC

 ノートPCにテスト環境を構築している際に、もう一枚ネットワークカードが欲しくなることがあります。具体的には、ネットワークのルーティング機能のテストや、iSCSIを利用したクラスタのテストなどです。しかし、メーカーのWebページや製品パッケージを見ても、Windows Server 2008 R2で使えると書いてある製品はありません。そのため、人柱覚悟で製品を購入して試してみるしかありません。

Planex_gex1000t_01_3

 ということで、私が実際にWindows Server 2008 R2をインストールしたThinkPad X200で利用しているネットワークカードを紹介します。私は、プラネックス社のGEX-1000Tという製品を利用しています。この製品はWebサイト上ではWindows XP対応としか書かれていませんが、Windows Server 2008 R2をインストールしたThinkPad X200で、OS標準のドライバで認識しました。DELL Latitude E4300でも同様で、挿すだけでネットワークをもう一つ利用することができます。

Planex_gex1000t_02_2

インターネットに接続してMicrosoft Updateを行えば、最新のドライバに更新することもできます。

 ここで、GEX-1000Tをすぐに購入できるように、Amazon.co.jpのサイトを紹介しようと思って確認すると、既にGEX-1000Tは販売終了になっているということでした。あと、利用できる可能性があるカードとして、ソネット社のPresto Gigabit Ethernet Pro ExpressCard/34 GE1000LA-E34 という製品があります。Windows 7に対応すると記述されているので、おそらくWindows Server 2008 R2でも利用できるでしょう。もし、試された方がいらっしゃれば教えてください。

  

Windows Server 2008 R2

で使える、ExpressCardeSATA I/F

 もう一つ、私の愛機の1つであるThinkPadは伝統的にeSATAポートがありません。USB接続でHDDを接続すればよいのですが、Hyper-Vで複数の仮想マシンを動かす場合はUSBよりもeSATAで接続したいところです。ウルトラ ベースがあればSATA-2HDD1台増設できますが、1台のHDDのためにウルトラ ベースを持ち歩くのは面倒です。ということで、Hyper-V (Windows Server 2008 R2)で使えるExpressCardeSATA I/Fが必要になります。

 私が利用しているのは、ロジテック社のLPM-ECSA32という製品を利用しています。ロジテック社のWebサイトを参照すると、Windows Vistaまでに対応していることはわかりますが、Windows Server 2008 R2に対応しているかどうかはよくわかりません。ということで、実際に使ってみましたが、私の利用する範囲では問題なく利用できています。

Siliconimagedriver01_4

残念ながら、LPM-ECSA32を挿入するだけでは、Windows Server 2008 R2で利用できません。といっても難しいことはなく、インターネットにつないでMicrosoft Update経由でドライバを入手して認識させるだけです。

Siliconimagedriver02_2

ただ、Microsoft Updateで入手できるドライバが20088月の日付で、ちょっと古いのが気になったので、Silicon ImageのWebサイトで最新のドライバを入手して、手作業で更新しました。まぁ、無理して更新する必要もないと思いますが、最新のドライバが入っているだけで気分が良いものです。これで、3Gbpsの速度 (USB 2.0は、最大480Mbps)HDDを増設することができます。HDDを増設することで、ThinkPad X200でもかなり快適なHyper-V環境を手に入れることができます。

  

以上、皆さんの参考になれば幸いです。

2010年6月 6日 (日)

お気に入りの2.5インチHDDケース4製品紹介

繰り返し記述していますが、私はお客様先へ持ち運べるようなおPCで、Hyper-Vが快適に動作する環境を求めています。仮想環境では各仮想マシンに、別の物理的なHDDを割り当てることで、パフォーマンスが向上します。ということで、私は様々な方法で外付けHDDを利用し、最も使い勝手がよく、かつパフォーマンスの高い方法はないかと検討してきました。ここでは、その検討結果の一部をお伝えします。まずは、外付けHDDを利用する場合の4つの接続方法を簡単に見ていきましょう。

 

 

USB 2.0による接続

 

 

ノートPCの場合、最も安上がりで手軽な方法としては、USB 2.0接続で外付けHDDを利用する方法です。多くの場合、USBケーブル1本で電源も供給できるため扱いも楽です。しかし、USB 2.0接続は仕様上、480Mbps以上のパフォーマンスが出ない上、大量のデータを転送するとUSB経由の入出力を受け付けない(キーボードが効かないなど)状態になるなど、パフォーマンスがよくありません。

 

 

Power Over eSATAによる接続

 

USB 2.0の手軽さとパフォーマンスを両立させることができるのは、Power Over eSATAによる接続です。eSATAでは、1.5Gbps (SATA-)もしくは3.0Gbps (SATA-)の高速転送ができます。また、電源供給も1本のケーブルで行えるため、USB 2.0のように手軽です。ただ、Power Over eSATAI/Fを標準で装備しているノートPCがほとんどないことが難点です。

 

 

 

eSATAと補助電源による接続

 

 

そして、手軽さはありませんが、パフォーマンスが高いのは、通常のeSATA接続ということになります。eSATA接続の場合、何らかの方法でHDDに電源を供給しなければならないという煩雑さが出てしまいます。

 

 

USB 3.0による接続

 

USB 3.0が一般的になれば、これらの問題もすべてクリアされることになります。USB 3.0では、USB 2.0接続の手軽さと、5Gbpsの高速転送を両立させた規格です。しかし、USB 3.0に対応したノートPCがまだ出回っていないことが難点です。USB 3.0が一般的になるまでは、USB 2.0を中心に、用途に合わせて外付けHDDケースを使い分けることになります。ということで、今回は、私がこれまで利用してきた2.5インチ外付けHDDケース4種類についての情報を提供します。星の数ほどある2.5インチ外付けHDDケースを選ぶ際の参考になれば幸いです。

 

 

1分BOX2.5SATACOM25EU2B [センチュリー]

 

 

比較的古い製品です。eSATAUSB 2.0の両方のインターフェイスを提供し、かつネジなしでHDDの組み込みができるということで、3台購入して、最初のうちは愛用していました。しかし、eSATA接続用I/Fの部分や、補助電源のコネクタ部分の接触が悪く、何となく使わなくなってしまいました。特に、あとから紹介する3ステップケース ガチャポンパッ! MINI OWL-EGP25/EU(W)” が登場してからは、ほとんど使わなくなってしまいました。USB 2.0接続では何ら不満はなく、アクセスランプがついている点は、信頼感もあってよい製品です。

   

 

3ステップケース ガチャポンパッ! MINI OWL-EGP25/EU(W) [オウルテック]

 

 

今現在、愛用しているケースで、黒と白を1台ずつ所有しています。何といってもHDDの着脱が超簡単にできることが大きな魅力です。私は2.5インチHDDThinkPadドライブ ベイ アダプタで利用したり、デスクトップPCのリムーバブルケースで利用したりと頻繁に入れ替えを行います。そのため、着脱が簡単にできることは私のとって大変なメリットです。着脱に関しては、これよりも簡単な製品はないと思います。ケースの色にバリエーションがあることも、複数のHDDを持つ場合の目印になって便利です。

 

 

一方、難点は2つあります。一つは、eSATA接続の際はSATA- (3G bps)ではなく、SATA- (1.5G bps)となってしまうことです。また、Power Over eSATAではありませんので、eSATA接続時は別途補助電源が必要です。(USB 2.0から給電できますが、ケーブルが2本必要になってしまいます) もう一つは、アクセスランプがない点です。

 

USB 2.0接続がメインで、かつ、HDDの着脱を頻繁に行う場合は、この製品をお勧めします。

 

 

 

 

2.5“SATA HDD はい~るKIT USB/Power eSATA NV-HS250PSU [ノバック]

 

 

Power Over eSATAI/Fを提供しているPCを持っているのであれば、文句なしにこの製品をお勧めします。私が所有するDELL Latitude E4300にはPower Over eSATAI/Fが標準で実装されているため、このケースは非常にありがたい製品です。ちょっと話が横道に逸れますが、DELLが純正で提供するPower Over eSATAの外付けHDDは、1.8インチドライブを採用したもので容量も少ない(120GB)うえにパフォーマンスも悪く、お勧めしません。DELL Latitude E4300のようにPower Over eSATAI/Fを備えたノートPCを所有するのであれば、ケーブル1本で接続でき、かつ高いパフォーマンスを発揮するこのケースをお勧めします。

 

 

逆に、Power Over eSATAI/Fがないのであれば、このケースのメリットはありません。HDDの着脱にネジを使わなければならない分、他のケースよりも扱いが面倒なデメリットの方が大きくなってしまいます。

 

 

 

 

裸族の二世帯住宅2.5 CRNS25EU2 [センチュリー]

 

1つのeSATA I/Fに対して2台のHDDを利用できればと思い購入しました。RAID0RAID1、コンバイン (2台を連続する1台のHDDとして認識)、スタンダード (2台のHDDを別々のHDDとして認識)という4つのモードを持つことができます。最もやりたかったスタンダードという構成を、私の手元にあるeSATA I/F (DELL Latitude E4300内蔵のeSATA, Intel DQ45EK内蔵のeSATA, Logitec LPM-ECSA32)では実現することができませんでしたが、他のモードは問題なく動作します。

 

 

アクセスランプもありますし、HDD着脱に関しては、今回紹介した製品の中で最も簡単で安心感のあるつくりになっています。小さくて、かつ大容量の外付けHDDが欲しい場合は候補になります。唯一の難点は、電源を別に共有する必要があることです。まぁ、2台のHDDを駆動するのですから仕方がないのですが。

 

 

 

 

以上、私が利用している4つの2.5インチHDDケースについて紹介してきました。どれも、すべてのニーズを満たすものではありませんが、用途に応じて、使い分けていただければ幸いです。

2010年6月 5日 (土)

一世代前のMini-ITX マザーボード Intel DQ45EKで8GBメモリを使ってみました。

最初にも紹介したように、お客様先へ持ち運べるようなおPCで、Hyper-Vが快適に動作する環境を求めています。ノートPCで実現できればよいのですが、やはりデスクトップPCでなければ実現できないことも少なくありませんし、同じスペックであれば、ノートPCよりもデスクトップPCの方が安価に調達できます。ということで、一世代前のMini-ITXマザーボード (Atomではなく、まともに使えるLG775のもの)を利用して大容量メモリを使ってみました。最近のMini-ITXマザーボードは、8GBメモリが実装できるとカタログスペックに明記されていることも少なくありません。しかし、私の所有するIntel DQ45EKのカタログスペックでは、メモリの最大容量が4GBとなっています。

 

 これまでお話ししてきたとおり、Intel 965以降のチップセットであれば、8GBのメモリを利用できる可能性があります。Intel DQ45EKのチップセットは、Intel Q45 Expressですので、8GBメモリを利用できる可能性があります。ということで、実際にDIMM DDR2 PC2-6400 SDRAM 4GBのメモリを2枚搭載すると、あっさり8GBのメモリが利用できました。いつものように、DQ45EKで使えそうなノーブランドメモリを以下に記載しておきます。(Amazon.co.jp で商品を見つけられなかったので、価格.comのリンクを記載しておきます)

 ところで、Intel DQ45EKは、他のマザーボードと比較して高価ですが、これはIntel AMT 5.0 Professionalや、Trusted Platform Moduleなど、周辺機能が充実しているためです。Intel DQ45EKはとても素直なマザーボードで、ドライバもIntel のWebサイトから最新版が利用できますし、Windows Server 2008 R2 + Hyper-Vを利用していて全く問題なく、安心して使えます。

 それから、Mini-ITXマザーボードの利用は、ノートPCAOpen XC miniシリーズでは実現が難しい、NIC2枚利用が可能です。これは、Hyper-V 2.0Live Migrationを実現する際には必要となる要件です。また、仮想マシンのパフォーマンスに大きく影響する物理ディスクを多く接続できる (SATA×6、内1つはeSATA)メリットもあります。実際、パフォーマンスが要求され、かつ比較的負荷の高いデモを効果的に行う必要がある場合には、Mini-ITXマザーボードを利用したPCをお客様先やセミナー会場に持ち込んで利用しています。ちなみに、このDQ45EKPCを検証環境として、以下の書籍を執筆しました。

 

以上、乱文ですが、Intel DQ45EK8GBメモリを利用できることの報告でした。そのうち、Intel DQ45EKの構成などもこちらのBlogで紹介したいと思います。

2010年6月 4日 (金)

DELLの名機、Latitude E4300で8GBメモリを使ってみました。

 前回までに、ThinkPad X61 / T61, ThinkPad X200 / T400, AOpen XC mini (MP965-D / MP45-D / GP7A-HD)へ、8GBメモリを実装した結果についてお知らせしました。これ以外に個人的に利用しているのは、DELL Latitude E4300です。(ちなみに、Latitude E4300は、1世代前のPCになり、現行バージョンの製品はLatitude E4310となります。)

 Latitude E4300は、Intel GS45チップセットで、こちらも問題なく8GBのメモリを実装できます。こちらは、Lenovo ThinkPadの旧世代PCと異なり、カタログスペック上でも、メモリの最大容量が8GBと記載されていますので、利用できて当然ですね。

 あと、こちらでお知らせしたかったのは、Latitude E4300で利用できる国内で有名なサードパーティ製メモリと、ノーブランド製品へのリンクです。こちらは、ThinkPad X200 / T400や、AOpen GP7A-HDと同じ、SODIMM DDR3 PC3-8500 4GBメモリを2枚使うことになります。

  • サードパーティ製メモリの一例


     
  • ノーブランドメモリの一例

 言うまでもありませんが、8GBのメモリを利用するためには、64 bit版のOSが必要になります。私は、DELL Latitude E4300にメモリを8GB実装して、Windows 7 x64版とWindows Virtual PC (XP Mode)で日常の業務を行っています。ちなみに、このBlogLatitude E4300で書いています。また、必要に応じてWindows Server 2008 R2 + Hyper-V 2.0を起動させ(デュアルブートにしています)、お客様先でデモを行ったりしています。

 私のような使い方以外でも、今月出荷されたOffice 201064 bitや、画像・映像の編集などでも64 bit版の効果を実感できると思います。

    

 Latitude E4300が出荷された当時は、Windows VistaがプリインストールされていたOSでした。個人的には、8GBメモリを実装すると同時に、Windows 764 bit版へ移行されることをお勧めします。また、そのうち、こちらのBlogDELL Latitude E4300Windows 7をインストールする手順を紹介したいと思っています。

2010年6月 3日 (木)

AOpen社製ベアボーン XC mini シリーズ (MP965-D / MP45-D / GP7A-HD)へ8GB メモリを実装して、快適な64 bit 環境を実現したかったのだけれど・・・

前々のThinkPad X61 / T61のThinkPad X200 / T400に続き、今回はAOpen社製ベアボーン XC miniシリーズ (MP965-D / MP45-D / GP7A-HD)8GBメモリを実装する実験をしてみました。XC miniシリーズは、小型でデザインもよく、液晶やキーボードがない分、ノートPCよりも安価にハイスペックなPCを構成できるので、とても気に入っています。この3機種は、いずれもカタログスペック上のメモリ最大搭載量は4GBです。

 

これまで紹介してきたとおり、チップセットがIntel 965以降であれば8GBのメモリを利用できる可能性があります。MP965-DIntel GM965MP45-DIntel GM45を搭載していますので、条件からいけばこの2機種は8GBのメモリが利用できそうです。唯一GP7A-HDだけは、NVIDIA ION MCP7A-LPを搭載しており、8GBのメモリが利用できるかどうかは未知数です。GP7A-HD以外は、これまで紹介してきた8GBメモリが利用できる条件をクリアしています。しかし結果は、GP7A-HD以外は8GBメモリが利用できませんでした。

では、MP965-DMP45-Dの具体的な症状をお知らせします。まず、MP965-Dでは8GBのメモリを実装するとBIOS画面さえ起動しませんでした。ちなみに、MP965-Dの初期バージョンのBIOSではメモリ4GBも認識できず、3GB前後しか利用できませんでした。このような症状でお悩みの場合は、BIOS新バージョンへアップグレードしてください。

さて話がそれましたが、続いてMP45-Dの症状です。こちらは8GBメモリを実装しても64 bit OSの起動まではできるのですが、なぜかメモリを4GBまでしか使えず、OSからは以下のような見え方をします。

 8gb

BIOSのバージョンアップでもしかして解決するのではないかとおもい、最新版のBIOSにアップデートしてみましたが、結果は同じでした。

最後に、唯一8GBのメモリを利用できたのは、最も期待していなかったGP7A-HDでした。こちらは、何の問題もなくあっさりと8GBメモリを認識、利用できました。

GP7A-HDで、スペック上利用できそうな国内有名サードベンダー製メモリは、以下の製品になります。

 

また、スペック上利用できそうなノーブランドメモリは、以下の製品になります。

いずれも、すべての使用条件での動作を私が保証できるものではありませんが、少なくとも私の環境では、これらのメモリが動作しています。

最後になりますが、8GBのメモリを使うためには、64 bit OSが必要になります。私はWindows Server 2008 R28GBのメモリを実装したGP7A-HDを利用しています。仮想環境を利用する場合だけでなく、8GBメモリは画像処理で効果を発揮しますし、今月出荷されたOffice 201064 bit版でもパフォーマンス向上の効果が期待できます。

 

GP7A-HDをベースに、ハイスペックで、お洒落な小型PCを作ってみるのはいかがでしょうか?

以上、今回は、Intel 965や、Intel 45チップセットを搭載しているPCでも、8GBメモリが利用できないケースがあるという報告でした。次回は、DELL Latitude E43008GBメモリを実装します。といっても、E4300はカタログスペック上、メモリの最大搭載量が8GBですので実験するまでもないのですが。。。

2010年6月 2日 (水)

1世代前のThinkPad X200 / T400へ8GB メモリを実装して、快適な64 bit 環境を!

前回のThinkPad X61 / T61に続き、今回は、ThinkPad X200 / T4008GBメモリを実装してみましょう。カタログスペックでは、ThinkPad X200 / T400の最大メモリ搭載量は4GBとなっています。しかし、前回のThinkPad X61 / T61の際にも紹介したように、チップセットがIntel 965以降であれば8GBのメモリが実装できる可能性があります。ThinkPad X200 / T400のチップセットは、Intel GM45で、Intel 965系のチップセットの後継となっているので、8GBのメモリが実装できる可能性があります。

ということで、実際に、私はThinkPad X200 / T400 のメモリを8GBにして、Windows Virtual PCHyper-Vを動かしています。ちなみに、スペック上、ThinkPad X200 / T400で利用できる、国内有名サードパーティ製品には、以下のものがあります。

 

上記のメモリを利用すれば、ThinkPad X200 / T400のすべての環境で8GB利用できることを、私が保証できるものではありませんが、少なくともスペック上は問題なく利用できるはずです。これらの製品を購入して試してみるというにはあまりに高価です。

私は、価格を抑えながら8GBのメモリを実装するために、国内有名サードパーティ製品ではなく、ノーブランドメモリを利用しています。ノーブランドメモリの課題は、永久保証がなかったり、各機種への対応表などがないといったデメリットがあります。しかし、元々、8GBのメモリの利用は保証の対象外ですし、メモリは簡単に故障しないので、ノーブランド メモリを利用することのデメリットはほとんどないのではないかと思います。

個人的に確認したわけではありませんが、以下のメモリがスペック上、ThinkPad X200 / T400で利用できるはずです。繰り返しですが、私がすべての環境で稼働を保証できるわけではありませんが、少なくとも私の環境では、これらのメモリが動作しています。

 

上記ノーブランドメモリが問題なく稼働すれば、有名サードパーティ製品と比較して60%程度の価格で快適な8GB環境を手に入れることができます。

最後になりますが、8GBのメモリを使うためには、64 bit OSが必要になります。私はWindows 7 EnterpriseWindows Server 2008 R28GBのメモリを実装したThinkPad X200を利用しています。仮想環境を利用する場合だけでなく、8GBメモリは画像処理で効果を発揮しますし、今月出荷されるOffice 201064 bit版でも効果が期待できます。

  

安易にネットPCに流れずに、今手元にある使い慣れたPCを拡張して延命されてはいかがでしょうか?

次回は、AOpen社のベアボーンXC miniシリーズで、8GBメモリの実装にチャレンジします。XC miniシリーズでは、大変残念な結果が出てしまいましたが、失敗も貴重な情報ですのでお知らせしたいと思います。

2010年6月 1日 (火)

2世代前のThinkPad X61 / T61へ8GB メモリを実装して、快適な64 bit 環境を!

Blogの更新をほぼ半年間行っていませんでしたが、また、これから少しずつ更新していきたいと思っています。

さて、様々な製品を評価したり、お客様に訴求したりする仕事のため、仮想マシンを利用して作業を行うことが多くなりました。仮想マシンを快適に利用するためには、マルチコアのCPU、多くのメモリ、そして複数台の物理ハードディスクが必要です。

お客様先でのデモを効果的に行うために、お客様先へ持ち運べるサイズの小型PCに、多くのメモリと、多数の物理ハードディスクの実装を日夜試みています。ということで、これからしばらくは、メモリを多く実装できる、できるだけ小さなPCと、できるだけ小さな外付けハードディスクについて、連続で記載していきたいと思います。

まずは、8GBのメモリ実装についてのテスト結果を記載していきます。最初はThinkPad X61 / T61です。

最新のノートPCでは、カタログスペックでもメモリの最大容量が8GBになっていますが、古いノートPCでは、ほとんどの機種がメモリの最大容量は4GBです。しかし、インテルのIntel 965チップセット以降のPCは、メモリを8GB実装できる可能性があります。実際に、私はThinkPad X61 / T61 のメモリを8GBにして、Windows Virtual PCHyper-Vを動かしています。これらの機種のカタログスペックは4GBと記載されていますが、8GBのメモリを問題なく利用することができます。おそらく、製品出荷当時SODIMM DDR2 PC-5300 4GBのメモリが存在しなかったために、8GBのメモリの実装の可否が記載されなかったと予想できます。ちなみに、ThinkPad X61 / T61のチップセットはIntel GM965 Expressです。

では、気楽に8GBのメモリを搭載できるかというとそうでもありません。理由は価格です。4GB (2GB×2)のメモリは1万円前後で購入できますが、8GB (4GB×2)のメモリは5万円から6万円程度の価格となってしまいます。以下に、国内有名サードパーティ製品へのリンクです。

 

 

 ThinkPad X61 / T61用のメモリのスペックはSODIMM DDR2 PC2-5300ですが、上記のPC2-6400のメモリでも利用が可能です。すべての環境で8GB利用できることも、PC2-6400のメモリが利用できるということも、私が保証できるものではありませんが、少なくとも私の環境では問題なく利用できています。

 さて、価格を抑えながら8GBのメモリを実装するための選択肢はないでしょうか?実際には良い選択肢があります。それは、有名なサードパーティ製品を選択せずにノーブランドメモリを利用することです。ノーブランドメモリの課題は、永久保証がなかったり、各機種への対応表などがないといったところです。しかし、元々、8GBのメモリの利用は保証の対象外ですし、メモリは初期不良以外そうは故障しないので、ノーブランド メモリを利用することのデメリットはないのではないかと思います。

個人的に確認したわけではありませんが、以下のメモリがスペック上、ThinkPad X61 / T61で利用できるはずです。繰り返しですが、私が稼働を保証できるわけではありませんが、これは有名サードパーティ製品を利用していても同じことです。

  

上記ノーブランドメモリが問題なく稼働すれば、有名サードパーティ製品と比較して60%程度の価格で快適な8GB環境を手に入れることができます。

最後になりますが、8GBのメモリを使うためには、64 bit OSが必要になります。私はWindows 7 EnterpriseWindows Server 2008 R28GBのメモリを実装したThinkPad X61を利用しています。ちなみに、このThinkPad X61で、以下の書籍も執筆しました。

 

 

仮想環境を利用する場合だけでなく、8GBメモリは画像処理で効果を発揮しますし、今月出荷されるOffice 201064 bit版でも効果が期待できます。

次回は、ThinkPad X200 / T400を8GBにしてみます。といっても、今回と内容が大きくかわるものではありませんが。。。

  

安易にネットPCに流れずに、使い慣れたPCを拡張して延命されてはいかがでしょうか?

« 2010年1月 | トップページ | 2010年9月 »