« DELLの名機、Latitude E4300で8GBメモリを使ってみました。 | トップページ | お気に入りの2.5インチHDDケース4製品紹介 »

2010年6月 5日 (土)

一世代前のMini-ITX マザーボード Intel DQ45EKで8GBメモリを使ってみました。

最初にも紹介したように、お客様先へ持ち運べるようなおPCで、Hyper-Vが快適に動作する環境を求めています。ノートPCで実現できればよいのですが、やはりデスクトップPCでなければ実現できないことも少なくありませんし、同じスペックであれば、ノートPCよりもデスクトップPCの方が安価に調達できます。ということで、一世代前のMini-ITXマザーボード (Atomではなく、まともに使えるLG775のもの)を利用して大容量メモリを使ってみました。最近のMini-ITXマザーボードは、8GBメモリが実装できるとカタログスペックに明記されていることも少なくありません。しかし、私の所有するIntel DQ45EKのカタログスペックでは、メモリの最大容量が4GBとなっています。

 

 これまでお話ししてきたとおり、Intel 965以降のチップセットであれば、8GBのメモリを利用できる可能性があります。Intel DQ45EKのチップセットは、Intel Q45 Expressですので、8GBメモリを利用できる可能性があります。ということで、実際にDIMM DDR2 PC2-6400 SDRAM 4GBのメモリを2枚搭載すると、あっさり8GBのメモリが利用できました。いつものように、DQ45EKで使えそうなノーブランドメモリを以下に記載しておきます。(Amazon.co.jp で商品を見つけられなかったので、価格.comのリンクを記載しておきます)

 ところで、Intel DQ45EKは、他のマザーボードと比較して高価ですが、これはIntel AMT 5.0 Professionalや、Trusted Platform Moduleなど、周辺機能が充実しているためです。Intel DQ45EKはとても素直なマザーボードで、ドライバもIntel のWebサイトから最新版が利用できますし、Windows Server 2008 R2 + Hyper-Vを利用していて全く問題なく、安心して使えます。

 それから、Mini-ITXマザーボードの利用は、ノートPCAOpen XC miniシリーズでは実現が難しい、NIC2枚利用が可能です。これは、Hyper-V 2.0Live Migrationを実現する際には必要となる要件です。また、仮想マシンのパフォーマンスに大きく影響する物理ディスクを多く接続できる (SATA×6、内1つはeSATA)メリットもあります。実際、パフォーマンスが要求され、かつ比較的負荷の高いデモを効果的に行う必要がある場合には、Mini-ITXマザーボードを利用したPCをお客様先やセミナー会場に持ち込んで利用しています。ちなみに、このDQ45EKPCを検証環境として、以下の書籍を執筆しました。

 

以上、乱文ですが、Intel DQ45EK8GBメモリを利用できることの報告でした。そのうち、Intel DQ45EKの構成などもこちらのBlogで紹介したいと思います。

« DELLの名機、Latitude E4300で8GBメモリを使ってみました。 | トップページ | お気に入りの2.5インチHDDケース4製品紹介 »

仮想化」カテゴリの記事

ハードウェア」カテゴリの記事

Windows Server 2008」カテゴリの記事

メモリ増設」カテゴリの記事

Intel DQ45EK」カテゴリの記事

トラックバック

« DELLの名機、Latitude E4300で8GBメモリを使ってみました。 | トップページ | お気に入りの2.5インチHDDケース4製品紹介 »