« ThinkPad X61 / X200 / X201sへ、最新のSSD “Crucial RealSSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1” を搭載してみました。 | トップページ | Crucial RealSSD C300シリーズ最新Firmwareを適用してみました »

2010年12月 4日 (土)

ThinkPad X61延命策のまとめと、費用対効果

ご注意: 本Blogを、こちら へ移行しました。リンクを張ったり、お気に入りへの登録は、こちら をご利用ください。また、1年程度を目途にご覧いただいております本Blogは削除します。(2011年9月2日)

 

ThinkPad X61の延命策のまとめ

 

これまで紹介してきたThinkPad X61の延命策をまとめると、以下のようになります。

 

1. メモリ8GB の実装

 

2. SATA-II 3G bps化

 

3. 128GB SSD (Crucial CTFDDAC128MAG-1G1) の搭載

   

4. Windows 7 Professional 64 DSP版 のインストール

   

上記のリンクをクリックすると、それぞれの詳細を記述したBlog記事を参照することができます。

   

ThinkPad X61の延命策をとるか、ThinkPad X201sを新規に購入するか?

   

上記の延命策のために必要なパーツをすべて購入しても、費用は50,000~65,000円程度(2010年12月現在)です。

   

   

また、先の”ThinkPad X61の延命策のまとめ”で紹介した1.~3.の作業は、それぞれ30分程度。4.の作業は、半日から1日程度必要になるかと思います。トータルで1日潰れたとして、ご自身の時給 (ここでは、2,000円/1時間で、1日を8時間としましょう)から、作業費用を16,000円と試算できます。先ほどのパーツ費用65,000円と作業費用16,000円で、ThinkPad X61の延命策にかかる費用は81,000円です。一方、以下のスペックで最新のThinkPad X201s (i7-620LM) の価格(Lenovo直販サイトで2010年12月4日に見積もりしました)は、262,185円です。

   
        
  • CPU: Intel® CoreTM i7-620LM 2GHz
  •       
  • OS: Windows 7 Professional 64正規版
  •       
  • メモリー: 8GB
  •       
  • ポインティング・デバイス: TrackPointのみ + 指紋センサー
  •       
  • 記憶メディア: 128GB SSD
  •       
  • Bluetooth: 内臓Bluetooth
  •       
  • ワイヤレスLANアダプター: Intel® Centrino Advanced-N + WiMAX 6250
  •    
   

スペック上は圧倒的に最新のThinkPad X201s (i7-620LM) の方が高いのですが、ビジネス用途で利用する上では体感上の速度差はそれほど大きくありません。実際にWindows 7に標準のベンチマーク テストである ”Windows エクスペリエンス インデックス”の値を計測してみると、以下の表のようになります。こちらからわかるように、体感に最も影響のある”グラフィックス”と”プライマリ ハードディスク”のパフォーマンスが最新機種であるThinkPad X201s (i7-620LM) を凌駕しています。

   
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              
コンポーネント X61 X201s
プロセッサ 5.1 6.4
メモリ 5.1 6.4
グラフィックス 3.5 3.3
ゲーム用               
グラフィックス
3.1 5
プライマリ               
ハードディスク
7.6 7.5
   
   

ちなみに、”プライマリ ハードディスク”は、X61もX201s も同じ最新のSSD “Crucial CTFDDAC128MAG-1G1“を搭載して “Windows エクスペリエンス インデックス”を計測しました。以上の情報を元に、ThinkPad X201s (i7-620LM) を新規に購入するのか、それともThinkPad X61を延命するのかは、皆さんの判断次第です。

   

X61へ、Intel® Centrino Advanced-N + WiMAX 6250を搭載する方法が紹介されているサイト

   

私自身は試していませんが、以下のサイトに、ThinkPad X61へIntel® Centrino Advanced-N + WiMAX 6250を搭載する方法が紹介されています。

   
    

Thinkpad X61にAdvanced-N + WiMAX 6250は搭載できるのか(実装編)

   
   

Intel® Centrino Advanced-N + WiMAX 6250は、通常は流通していないので、Yahoo! オークションなどで入手するしかありません。私も先月からUQ WiMAXへ加入して利用していますが、WiMAXは結構いいですね。

   

ここで紹介した延命策と合わせて、WiMAXまで搭載すれば、最新機種の高いスペックのPCとほとんど遜色のない環境を低価格で手に入れることができますよ。

« ThinkPad X61 / X200 / X201sへ、最新のSSD “Crucial RealSSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1” を搭載してみました。 | トップページ | Crucial RealSSD C300シリーズ最新Firmwareを適用してみました »

ハードウェア」カテゴリの記事

Windows 7」カテゴリの記事

ThinkPad」カテゴリの記事

メモリ増設」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad X61延命策のまとめと、費用対効果:

« ThinkPad X61 / X200 / X201sへ、最新のSSD “Crucial RealSSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1” を搭載してみました。 | トップページ | Crucial RealSSD C300シリーズ最新Firmwareを適用してみました »