« ThinkPad X61のSATAコントローラをSATA-II 3.0G bps化してみました | トップページ | ThinkPad X61延命策のまとめと、費用対効果 »

2010年12月 3日 (金)

ThinkPad X61 / X200 / X201sへ、最新のSSD “Crucial RealSSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1” を搭載してみました。

ご注意: 本Blogを、こちら へ移行しました。リンクを張ったり、お気に入りへの登録は、こちら をご利用ください。また、1年程度を目途にご覧いただいております本Blogは削除します。(2011年9月2日)

 

ThinkPad X61 / X200 / X201sへ、最新のSSD “RealSSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1 ” (SATA 3.0対応、リード最大355MB/s)を搭載してみました。今年3月に発売された当初は、かなり高価でしたが、今では2万円台前半で入手が可能になりました。

 

 

どうしてもSSDへの交換作業が心配な方へ、保守マニュアルのご紹介

 

Lenovoを始め、DELLやHPといった外資系ベンダーのノートPCでは、簡単な作業でHDD/SSDを交換することができます。これが外資系ベンダーのノートPCの魅力でもあります。いくら簡単だと言っても、初めて交換作業をされる方は心配でしょう。ということで、メーカーが提供している”保守マニュアル”を紹介しておきます。ここでは、X61 / X200 / X201s の3機種の”保守マニュアル” へのリンクと、HDD/SSD交換に関する部分のページを紹介しておくので、参考にしてください。

 
   
    

                                                                                                                                                            
対象機種 該当ページ
保守マニュアル                   
- ThinkPadR                     
X60, X60s,                     
X61, X61s
P66~67                  
「1020 ハードディスク・                  
ドライブ (2.5型)                  
および                  
HDDゴム製レール」
ThinkPad                   
X200、X200s、                     
X200si、                     
X201、X201i、                     
および                     
X201s 保守                     
マニュアル
P96~100                  
「1020 ハードディスク・                  
ドライブ(HDD)カバー、                  
HDD、および                  
HDDゴム製レール                  
またはソリッド・                  
ステート・ドライブ                  
(SSD)および                  
ストレージ・                  
コンバーター」
   
 

交換方法を知っていれば、”保守マニュアル”をわざわざ参照する必要はありません。

 

環境の移行はどうするか?

 

最も難しいのは、既存環境の移行です。X61や、X200の頃は、Windows XP / Vistaの世代ですので、Windows 7へ移行する際にSSDへ交換することをお勧めします。移行ではありませんが、X61へWindows 7を新規インストールする方法は、”2世代前のThinkPad X61へ、Windows 7 Professional 64bitをインストールしてみました。”を参考にしてください。X200へのWindows 7の新規インストール方法についても、そのうち紹介します。

 

その他の環境移行方法も、機会があれば紹介したいとは思いますが、今日はこれ以上触れません。

 

ということで、SSDを搭載してXシリーズ3世代でベンチマークしてみました

 

どの程度速いのかを知っていただくために、ThinkPad X61 / X200 / X201s へ搭載し、Windows 7 Professional x64版をインストールしてベンチマークしてみました。

 

まずは、OS標準のWindows エクスペリエンス インデックスです。X61はSSDだけでなく、2.5” 320GB 7,200rpm (Western Digital Scorpio Black - WD3200BEKT) の計測結果も提示しておきます。(X61は、BIOSにパッチを適用しSATA-II 3.0G化して計測しています) 通常のHDDでは、”プライマリ ハードディスク”の値は5.9ポイント程度までしか上がりません。しかし、このSSDは、どの機種に搭載しても7.5ポイント以上の値を記録しています。

 

 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      
コンポーネント X61                  
HDD
X61                  
SSD
X200 X201s
プロセッサ 5.1 5.1 6.0 6.4
メモリ 5.1 5.1 5.5 6.4
グラフィックス 3.5 3.5 4.1 3.3
ゲーム用               
グラフィックス
3.1 3.1 3.4 5.0
プライマリ               
ハードディスク
5.7 7.6 7.7 7.5
 

記憶装置は体感速度に大きく影響しますので、どの世代のXシリーズにSSDを搭載しても、パフォーマンスの改善という点では大きな効果が得られます。ちなみに、ベンチマークに利用した機種のスペックは以下の通りです。

 
       
  • Lenovo ThinkPad X61 ( CPU: Intel® CoreTM 2 Duo CPU T7300 2.00GHz / Memory: 8GB )
  •    
  • Lenovo ThinkPad X200 ( CPU: Intel® CoreTM 2 Duo CPU P8600 2.40GHz / Memory: 2GB )
  •    
  • Lenovo ThinkPad X201s ( CPU: Intel® CoreTM i7 CPU L620 2.00GHz / Memory: 8GB )          
    ※OSは、すべてWindows 7 Professional 64bit版
     
 

その他の記憶装置と比較をしても、圧倒的に高いパフォーマンス!

 

ついでに、CrystalDiskMark 3.0で、ベンチマークを行った結果を掲載しておきます。比較対象は、2.5” 7,200rpmの比較的速いHDD、3.5” 7,200rpmの比較的速いHDD、第一世代のSSDの3つの記憶装置です。単位はMB/secです。

 
   

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      
2.5"                  
高速HDD
3.5"                  
高速HDD
第一世代                  
SSD
最新                  
SSD
記憶装置 Western Digital Scorpio Black (WD3200               
BEKT)
Seagate               
Barracuda 7200.11 (ST31000                
333AS)
OCZ Core 64GB               
(OCZSSD2-1C64G)
Crucial RealSSD C300 128GB(CTFDDAC               
128                
MAG-1G1)
スペック           

2.5" 320GB                  
7,200rpm

         
          

3.5" 1TB                  
7,200rpm

         
          

2.5" 64GB                  
Read 143MB/s                  
Write 93MB/s

         
          

2.5" 128MB                  
Read 355MB/s                  
Write 140MB/s

         
Sequential                  
Read
61.929 117.016 120.692 270.112
Sequential                  
Write
61.514 113.164 77.569 142.161
Random                  
Read 512KB
28.403 36.615 111.792 256.133
Random                  
Write 512KB
36.833 59.976 59.424 142.687
Random                  
Read 4KB                  
(QD=1)
0.437 0.470 8.319 23.320
Random                  
Write 4KB                  
(QD=1)
0.937 1.035 1.352 40.518
Random                  
Read 4KB                  
(QD=32)
0.800 0.880 8.332 195.919
Random                  
Write 4KB                  
(QD=32)
          

0.961

         
0.898 1.458 134.634
マザーボード           

ThinkPad                  
X61

         
          

Intel                  
DQ45EK

         
          

Intel                  
DQ45EK

         
          

ThinkPad                  
X200

         
 

 

 

動作させているマザーボードが異なるため、若干の誤差はあるとは思いますが、どのタイプの記憶装置よりも、Crucial RealSSD C300 は圧倒的に速いです。Xシリーズに限らず、皆さんのPCのパフォーマンスを向上させたいのであれば、まず最新のSSDへの換装を勧めします。ただし、価格はちょっと高めですが・・・

 

 

« ThinkPad X61のSATAコントローラをSATA-II 3.0G bps化してみました | トップページ | ThinkPad X61延命策のまとめと、費用対効果 »

ハードウェア」カテゴリの記事

Windows 7」カテゴリの記事

ThinkPad」カテゴリの記事

« ThinkPad X61のSATAコントローラをSATA-II 3.0G bps化してみました | トップページ | ThinkPad X61延命策のまとめと、費用対効果 »