« 2世代前のThinkPad X61へ、Windows 7 Professional 64bitをインストールしてみました。 | トップページ | ThinkPad X61 / X200 / X201sへ、最新のSSD “Crucial RealSSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1” を搭載してみました。 »

2010年12月 2日 (木)

ThinkPad X61のSATAコントローラをSATA-II 3.0G bps化してみました

ご注意: 本Blogを、こちら へ移行しました。リンクを張ったり、お気に入りへの登録は、こちら をご利用ください。また、1年程度を目途にご覧いただいております本Blogは削除します。(2011年9月2日)

 

X61のSATA-IIコントローラは、何故か1.5G bpsしか出ない・・・

 

これまで、ThinkPad X61に8GBのメモリが搭載できることや、Windows 7 Professional x64版をインストールする手順を紹介し、ThinkPad X61がまだまだ使えることをお話してきました。

 

 

個人的には、ThinkPad X61へWindows Server 2008 R2 Hyper-Vをインストールして、仮想マシンのテスト環境を作成していました。しかし、ここで気になるのがThinkPad X61のSATAコントローラがSATA-II対応であるにも関わらず、1.5G bpsしか出ないことです。まぁ、2世代前の機種だから仕方ないかと思っていました。しかし世の中には、この原因を追究し、BIOSにパッチを当ててこの問題を解決した方がいるとネットで知りました。

 

早速パッチが適用されたBIOSを利用してみましょうすぐ戻ります

 

まぁ、1.5Gbpsしか出ない原因は難しいので別にしておいて、ここでは早速提供されているパッチが当たったBIOSを利用してみました。BIOSは、Notebook ReviewTM というサイトのLenovo Forumの “T61/X61 SATA II 1.5 Gb/s cap – willing to pay for a solution” にリンクがあります。こちらのリンクには、X61シリーズだけでなく、同様の問題を持つX300 / T61 / R61用のBIOSもあります。イメージは、RAR形式で圧縮されているので、RAR形式を解凍できるソフトウェアが必要になります。私は、Explzh (個人利用の場合はフリー)を利用しています。RAR形式を回答すると、ISOイメージが取得できます。取得したISOイメージをダウンロードして、CD-Rを作成し、このCD-RでBootすればあっさりBIOSの更新は終了します。で、パフォーマンスが上がったことを体感できるかというと、通常のHDDを利用している場合はほとんど変わったようには感じません。

 

HDDを利用するので貼れば、リスクを冒して純正品でないBIOSを適用する必要はないでしょう。

 

SSDを搭載すると、初めてSATA-II 3G bpsの効果を実感

 

HDDでは、体感的にもベンチマーク上も効果を感じませんでしたが、SSDを搭載すると明らかに効果があります。SSDを搭載した際のベンチマークは、”話題のCrucial CTFDDAC128MAG-1G1 (2.5” SATA6G 128GB)を使ってみました” を参照してください。

 

 

やっぱり、BIOSを元に戻したいという場合は?

 

書き忘れましたが、BIOSを元の純正品に戻したい場合はどうすればよいでしょう?  パッチが適用されたBIOSは、最新の純正BIOS 2.21をベースに作成されています。単純に最新の純正BIOS 2.21を適用しようとすると、バージョンが同じでアップデートする必要がない旨のメッセージが表示され、元に戻すことができません。一旦2.20以前の純正BIOSに戻してから、最新の純正BIOS 2.21を適用することで、BIOSを元の純正品に戻すことができます。2.20以前の純正BIOSについては、米国のLenovoのダウンロードサイト (<-- このページの下の方)から入手することができます。ちょっと手間がかかりますが、やっぱりBIOSを元に戻したいという場合は、試してみてください。

 

« 2世代前のThinkPad X61へ、Windows 7 Professional 64bitをインストールしてみました。 | トップページ | ThinkPad X61 / X200 / X201sへ、最新のSSD “Crucial RealSSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1” を搭載してみました。 »

ハードウェア」カテゴリの記事

Windows 7」カテゴリの記事

ThinkPad」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ThinkPad X61のSATAコントローラをSATA-II 3.0G bps化してみました:

« 2世代前のThinkPad X61へ、Windows 7 Professional 64bitをインストールしてみました。 | トップページ | ThinkPad X61 / X200 / X201sへ、最新のSSD “Crucial RealSSD C300 CTFDDAC128MAG-1G1” を搭載してみました。 »